スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

営業「軍事力」を構築せよ-覇者となる会社の条件 (守口 茂 著)

盆前になりますが、上司の昇進による繰上りで、営業会議に出席が決まってしまいました。毎月の事になるので、気が重いのですがちろっと士気でも上げて行こうと思い、物騒な題目の本書を手に取りました。


オイラは『軍事力』といえば、情報戦とハイテク機器を連想します。それらを駆使した営業スタイルの提案がある事を期待していますが、如何に?
ってな事で読み進めましたが、無理に戦略論を引用した感が強い・・・。ってかこじつけのような。著者が実際に指導した企業での実践例も、中身を端折りすぎで、伝わってくるものがありませんでした。

何か面白い引用は無いかと、頑張って読んでは見たものの、営業を科学せよ、分析せよ、当り前の事をきちんとやろうといったソフトブレーンの宋 文洲会長の著書で散々目にした内容でした。別段、精神論や突拍子も無い事を書いた営業本でも無いので、身につく内容だとは思うのですが・・・。

今はこんな便利ツールがあり、それを用いてこう実践し、こんな結果となっている的な内容を期待していたオイラには少々残念な一冊でした。
以下の書籍との3択をミスったか?どなたか、営業ツールHACKSのような本があったら是非ご紹介下さいまし。

御社の営業がダメな理由
藤本 篤志
新潮社 (2006/05/16)

売上アップの すごいしかけ
白潟 敏朗
中経出版 (2006/08/01)
スポンサーサイト
人気blogランキング | トラックバック(1) | コメント(0)
≪前のレビュー| TOPへ戻る | 次のレビュー ≫

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bluce.blog15.fc2.com/tb.php/72-cecc5c50

『営業「軍事力」を構築せよ』

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478375186本日の一冊は、営業を「軍事」に見立て、戦略を持って組織として営業して行くことの重要性を説いた一冊です。著者によれば、これまでの営業が行ってきたのは、「軍艦対軍艦の海戦、すなわち、受注獲得競争に勝つことだ 「ビジネス・ブック・マラソン」 バックナンバーズ[2006/09/06 06:05]
| TOPへ戻る |
文字列で検索
since 05/07/23