スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

【ビジネス書レビュー】 日経ビジネス(3月13日号)

オイラの会社は典型的な逆三角形の年齢構成です。新卒は殆どおらず、オイラを含め中途が中心。そして10年程前の大きなリストラで残った50代社員が多く、30~40代は数少ない状況です。(20代は10人程います)
多かれ少なかれ、こんな状況は中小企業ではよくある光景です。約40年の会社人生の中で練り上げられた様々な技能をどう活かすか、ビジネスのチャンスはまだまだありそうです。

日経ビジネスNo1332

日経ビジネス 2006年3月13日号(No.1332)
今回の特集は、『団塊を捨てるな 利益を生む再雇用』です。第二特集での中国リスクに克つ、はビジネスマンであれば読んでおきたい記事です。今回のテレビ・ウォーズは、ビートたけし氏が登場。他には渡邊美樹社長へのインタビューが掲載されています。

では、その中からピックアップするのは・・・。
・脚光浴びるテレビ映像の再送信
・脳ゲームで米市場攻める

■脚光浴びるテレビ映像の再送信
経産省「ネットKADEN2005」第一回大賞を獲得したソニーの「ロケーションフリーベースステーションパック」が売れているらしい。
これはなにかというと、受信したTV映像や入力信号を無線LANで家庭内に配信してくれるアイテムです。元々TVとセットの「エアボード」等で売り出したが、販売は伸びず。事業再建に伴い、単品販売にする事で売れる製品に仕立て上げた。これだけ別で欲しいなあと思うような製品の中の製品。そこにビジネスチャンスがあるのかも。


■脳ゲームで米市場攻める
ウォールストリートジャーナルからの記事です。
日本ではゲーム未経験者層の取り込みが進み、デザインに優れるニンテンドーDS Liteの発売によって大きく携帯ゲーム市場のシェアを広げました。海外では、脳活性化関連ソフトの売れ行きは不透明だというが、今、欧米では「数独(Sudoku)」が大人気。こうした背景もあり、4/17に「数独」が任天堂から発売されます。しかし一般誌記事でここまでの分析とゲームに対する理解はさすが一流紙といった所でしょうか。オイラは株価17,000円を超えた任天堂株をまだまだ新規買い参入できると考えております。
スポンサーサイト
人気blogランキング | トラックバック(0) | コメント(0)
≪前のレビュー| TOPへ戻る | 次のレビュー ≫

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bluce.blog15.fc2.com/tb.php/68-79831b5b
| TOPへ戻る |
文字列で検索
since 05/07/23