スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

【ビジネス書レビュー】 日経ビジネス(2月6日号)

市場のライブドアショックも収束ヘ向かい、これまで風雲児的に堀江容疑者を扱っていたメディアは、全面否定しないまでもへのアンチテーゼ的な企画や特集を組み出しました。埃は叩けば出るもので、これまでは噂でしかなかった暴力団との繋がりや資金洗浄の手法が次から次へと出てきます。TV画面では『汗水垂らして稼いだ金』について、口先だけで大金を稼いでいる評論家や同業とも思える金融関係者達が論じています。相変わらずの本音と建前が入り混じった風見鶏的な報道には辟易してしまいます。

日経ビジネスNo1327

日経ビジネス 2006年2月6日号(No.1327)
今回の特集は、『ホリエモンでは変わらない 当世すご腕伝説 名もなき日本の変革者たち』です。この記事は熱い!ヤフージャパンの井上社長、NTTドコモの中村社長のインタビューもあり。巻末には堺屋太一氏のコラムが掲載されています。定期購読の付録は今週も付属せず。

では、その中からピックアップするのは・・・。
・当世すご腕伝説 名もなき日本の変革者たち
・ワタミが焼肉店に参入

■当世すご腕伝説 名もなき日本の変革者たち
鹿島の現場所長、ローランドDGの製造部長、京樽の部長、三菱重工のロケット技術者らの仕事にかける情熱を余す事無く取材しています。

鹿島の中村氏の例では、三井財閥の聖地 日本橋の三井タワープロジェクトでの逸話を挙げています。中村氏は、低層階外壁に使用するステンレスについて、コストはかかるが更に錆びにくい特殊ステンレスの採択を発注者の三井不動産に対し、「(三井グループの本丸が錆で汚れていいはずが無い)こっちがカネを出してでもやる」と言い切ったそうな。小見出しにも”姉歯”の対極にいる男、とあります。

読み終えた後、あなたは仕事の意義を何処に見出しているか?信念はあるのか?お金がすべてに見えるか?と問われるような記事でした。

ガイアの夜明け 闘う100人(書き下ろし)
テレビ東京報道局
日本経済新聞社 (2005/04/29)


■ワタミが焼肉店に参入
ワタミが、焼肉を主体とした新業態とした「焼肉居食屋 炭団(たどん)」を首都圏を中心とし、年内に30店舗の出展を計画していると報じています。

これまでオイラは、ワタミに対し、あまり良い印象を持っておりませんでしたが、最近の事業展開(ワタミファームや学校法人の設立等)を見ているとだんだんと渡邉社長の信念が透けて見えてくるようになりました。厳しいと評判の社長の食や教育に対する思いは相当なものなのでしょう。

国内最大手の焼肉チェーン店「牛角」を展開するレインズにどう挑んでいくのか、同じ商圏にぶつけてくるであろうと予測されている30店舗の成否に注目したいと思います。

新たなる「挑戦」―夢をカタチにする時
渡邉 美樹
ソフトバンククリエイティブ (2005/03/26)
スポンサーサイト
人気blogランキング | トラックバック(0) | コメント(0)
≪前のレビュー| TOPへ戻る | 次のレビュー ≫

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bluce.blog15.fc2.com/tb.php/62-43772fba
| TOPへ戻る |
文字列で検索
since 05/07/23