スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

【ビジネス書レビュー】 知識ゼロからの企画書の書き方 (弘兼 憲史 著)

近頃、企画書やプレゼン資料を立て続けに作成しています。社内向けの企画書は、社長の好みに合わせた内容(社内向けは初めての為、上司に確認を取りつつ進めた所、内容の2/3はオイラの考えとは別の所へ・・・仕方ないか)でした。
社外用のプレゼンについては、殆どオイラのペースで進める事ができ、顧客の感触もまずまずでした。
と、実例でもあるように提出・発表先や企業の風土によってプレゼン・企画書は千差万別。しかしながら自己流にも限界はある訳でして、ここらで基本を押さえておこうという事で本書をチョイスしました。

知識ゼロからの企画書の書き方
弘兼 憲史
幻冬舎 (2005/11)

著書は、島耕作シリーズでお馴染み弘兼憲史氏でして、他にも知識ゼロからの~というシリーズが色々出版されております。
対象は、企画書をこれから初めて作る人であり、項目毎に見開きページで完結する内容や島耕作のワンシーンをアレンジしたイラスト等、非常に親切で読みやすい構成となっております。集中すれば小一時間程度で読み終える事が出来ます。何度も企画書を作っておられる方には、少々くどい部分もありますが、そう思えるのはベースが出来ている証拠。しかしオイラもそうであるように、個人や企業の癖や傾向があり、本当にその企画書が顧客の心に響いているのか、基本的な部分は欠落していないか、改めて見直す事ができるのではないでしょうか。読み易くてオススメです。

知識ゼロからの手帳術
弘兼 憲史
幻冬舎 (2005/11)

知識ゼロからの決算書の読み方
弘兼 憲史
幻冬舎 (2004/03)
スポンサーサイト
人気blogランキング | トラックバック(0) | コメント(0)
≪前のレビュー| TOPへ戻る | 次のレビュー ≫

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bluce.blog15.fc2.com/tb.php/51-2b94ba62
| TOPへ戻る |
文字列で検索
since 05/07/23