スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

【ビジネス書レビュー】 ヒルズ系IT起業家 堀江・三木谷・孫 成功のメンタリティー (矢幡 洋 著)

メンタル面が特に弱いオイラは、自己逃避の一環として、嫌な事があると他人を評した書籍が読みたくなってしまいます。読むことで第三者となり、自分の存在をしばし忘れさせてくれるからです。
そんな心理状態の中・・・ いわゆるジャケ買いをしてしまいました。買いポイントは、なんといってもIT業界を代表する『孫 正義』 『堀江 貴文』 『三木谷 浩史』の3人を題材に取り上げている、という点につきます。

古来より 「鳴かぬなら・・・・・・ホトトギス」 に代表される三者三様の性格をそれぞれの言動や判断を元に分析しております。
3人の分析を読み終わった時点で残念なのは、著者から本人へのインタビューが全く無い事。編集者やマスコミがいじくった言葉の抜き出しをあれこれ論じているのが、滑稽に感じました。又、途中に挿入される架空トークショーという一問一答もメリハリを出す為でしょうか、各人をデフォルメしすぎており、少々不快感が残りました・・・。ポイントを押えず、さらっと読んでしまうと、各氏の成功物語ダイジェスト版と化してしまう恐れがあります。しかし分析は的を射ており、特に三木谷氏の"強迫性"という本質について展開される章は、TVやコメントから見受けられる氏の直情的な言動を見事なまでにそれに集約させております。

各人については多くの書籍が出版されており、そこで語られる人物像があまりにリアルな為、本書を読む前にその性向は語られ尽くした感がありますが、それを補って余りある分析内容には一読の価値があります。

スポンサーサイト
人気blogランキング | トラックバック(0) | コメント(0)
≪前のレビュー| TOPへ戻る | 次のレビュー ≫

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bluce.blog15.fc2.com/tb.php/40-79b3c793
| TOPへ戻る |
文字列で検索
since 05/07/23