スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

【ビジネス書レビュー】 仕事ができる人できない人 (堀場 雅夫 著)

帰宅途中の "BOOKOFF" はビジネス書のラインナップが

非常に悪い!

漫画ばっか置かんと、もっとビジネス書を充実させい!!仕方無しに500円コーナーを物色していると・・・ 面白げな本が。

「ふむふむ堀場製作所の・・・ ってこないだここの案件失注したばっかやん・・・」そんな悔しさもあり、堀場の会長殿の思想を知りたくなったので買って帰りました。
本書は数ページ読むとすぐに
おっ 読みやすい!! と感じる。

堀場氏が、スタンドプレーをする人、口べたの人、不平不満をよく口にする人などなど、***の人に意見されております。
それぞれ的確な言葉で短くまとめられており、「なるほど」 「そうかなあ」 等考えながらもサクサク読んでいけます。よそから色々出てる営業指南書等も、あ~だこ~だとくどくど書いてはおりますが、ここまで端的に表現したものは中々ありません。中には会長自身の失敗談等も含まれております。

オイラが面白いなと思ったのは・・・

・「10」のことを「12」くらいに言う人
→欧米人のように10を20とアピールするのではなく、日本人のように20を10と言うのではなく、国際社会においては、10を12とアピール事できるが分かれ目となる。謙譲の美徳は、世界では評価されない。

・昼食を簡単にすませる人
→昼食時間やラジオ体操で、強制的に仕事を中断し、早く食べて仕事に戻ると言った事を論ずるのはナンセンス。仕事をいかに能率よくこなし、成果を上げるか。休憩は、各人の疲労と仕事の進捗に応じてとるべし。

・一つのことにしつこい人
→心肺機能の測定装置を見学にきていた通産省の研究所員が、「自動車の排ガス測定に応用できないか」と依頼してきたが、堀場氏は拒否。
しかし開発責任者である大浦氏が、こっそり研究を進めており、堀場社長の怒りにもひるまず、3台は売るから と説得。後に堀場製作所の主力製品となる。

てなとこです。

ベンチャーの草分けともいえる堀場氏は結構なお年ですが、その思考は今の時世をもリードしております。古い本ですが、読みやすくてためになる本書は意外とオススメできます。

仕事ができる人できない人
堀場 雅夫
三笠書房 (2000/09)
スポンサーサイト
人気blogランキング | トラックバック(0) | コメント(0)
≪前のレビュー| TOPへ戻る | 次のレビュー ≫

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bluce.blog15.fc2.com/tb.php/33-b6484470
| TOPへ戻る |
文字列で検索
since 05/07/23