スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

【ビジネス書レビュー】 キヤノン式「稼ぐ社員」の仕事術―自分が「高収益体質」に変わる43のヒント (神戸 健二 著)

先日買い間違いをした時に欲しかったのがコレ。後日、間違った本の交換に快く応じて頂き、ようやく手にする事ができました。

ブックスキヨスク 新大阪店様・・・  感謝 m(_ _)m

購入動機としては、帯の『仕事に転機をつくれ!』ってトコに惹かれた訳なんです。最近になって、仕事の流れに乗るのではなく、作らなければならない事に気付き、必死でもがいている次第であります。
筆者はキヤノン元社員ではなく、ライバル会社のリコーで現場・生産・特許等に長年携わってこられた方です。
キヤノン社長の御手洗氏をはじめ、関連会社トップの方々の判断や考え方、取り組み等について43点の実例を挙げ、レジュメとして "稼ぐ社員" "損する社員" の2パターンに要約しています。

特に心に響いたのが、『最悪の反対論は、会議で反対しなかった人から出る。』です。最近は、『すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!』のような本が売れていますが、やはり今でもムダ会議を繰り返す企業は多いのでしょう。トップがこのような方針や考え方を実践してくれると、社員は常に前向きに挑戦ができると思います。『・・・イズム』ってのが、自然と根付く企業風土ですね。

本書を読んで自分の行動を振り返り、比較する事で明日からの行動も変わるのではないでしょうか。読んでおいて損はありません。

スポンサーサイト
人気blogランキング | トラックバック(0) | コメント(0)
≪前のレビュー| TOPへ戻る | 次のレビュー ≫

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bluce.blog15.fc2.com/tb.php/31-be27fc2b
| TOPへ戻る |
文字列で検索
since 05/07/23