スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

【ビジネス書レビュー】 さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (山田 真哉 著)

今日からお盆休みぃ。色々やりたい事があるぞ~。
(会社からの転送メールがガンガン入っている・・・ 休ませて・・・)
先週、出張の帰路になるべくやわらかい題材で選んだ『さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学』をレビュー致します。

オイラの自宅駅前にも古くて狭くて怪しい靴屋があって、なんで続けていけるんだろうと疑問に思っており、それらが少しでも解明できれば幸いです。
本書は、サブタイトルの『身近な疑問からはじめる会計学』と言う所を理解していないと、怪しい仕事の裏側 みたいな内容を想像してしまいませんか?
企業が存続する事=永続的に利益を出し続ける事をテーマに "さおだけや" の例をはじめ、何故あそこは商売やっていけるのかな?という店や業態、仕組みを身近な例で紹介しています。

いずれも事業が継続している=利益を出している理由があり、経営・会計に当てはめ、用語や仕組みを解りやすく解説しています。
オイラも営業マンである以上、最低限の会計知識は持ち合わせていますが、なんというか本質の部分から見た金の流れを身近に感じさせてくれる本書。今の世の中、『カネ』をうまくコントロールする術を持たないとどうにも立ち行かなくなってしまいますね。MoneyIQが大事。

内容もやわらかくて読みやすい、それでいて成る程と思わせてくれるこの一冊はオススメです。
これからも自宅近くの怪しい靴屋を生暖かい目で見守ろうと思います(笑)

スポンサーサイト
人気blogランキング | トラックバック(0) | コメント(0)
≪前のレビュー| TOPへ戻る | 次のレビュー ≫

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bluce.blog15.fc2.com/tb.php/22-99531f02
| TOPへ戻る |
文字列で検索
since 05/07/23